日焼け

背中にきびの跡を隠すために、日焼けで誤魔化そうと考えている人がいるかもしれませんが、
これは余計に色素沈着を悪化させる要因になります。

にきびで跡ができてしまうのは、肌の内部を守るためです。
にきびの原因である細菌から肌を守るため、肌の細胞はメラニンを生成します。
これがにきび跡になります。

ターンオーバー

にきびが悪化すると、肌を守ろうとして過剰にメラニンが作られ、色素沈着してしまいます。
また、例えにきびがなくても、日焼けは色素沈着の元です。

日焼けとは、肌への刺激となる紫外線から身体を守ろうとして、メラニンを大量に生成した状態です。

肌にできてしまった色素沈着は、時間が経てばターンオーバーで剥がれ落ちます。
しかし、にきびができた肌はターンオーバーが正常に行われない事が多いため、
「シミ」となってそのまま肌に定着してしまいます。

メラニン

日に焼けた事で、背中にきびでできた色素沈着が改善したように見えるかもしれません。
しかし、実際は周りの肌の色に紛れているだけで、治った訳ではありません。
むしろ、シミを引き起こしてしまう可能性がある事に注意です。